オンラインレッスンでは

オンラインレッスンではグループレッスンは60分前後、個人では30分〜40分くらいと、対面レッスンから比べると半分以下のレッスン時間という場合が多いです。

 

対面レッスンではウォーミングアップからステップ練習や作品の練習など時間をいっぱい使ってしていますが、

オンラインではフロアにフィギュアを描く練習やパートナーとの練習などはすることはできません。

 

オンラインでは何ができるのか色々と模索してきたわけですが、最近オンラインレッスンの効果がわかってきました。

 

 

どのダンス分野でも共通した事だと思いますが、オンラインだけでダンスのレッスンをして踊れるようにするということはまず無理だと思います。

バロックダンスにおいてはステップを踏む事と同じくらい大切なことが舞踏譜に描かれている軌跡を描く事なので、オンラインで動けるようになるだけでは片手落ちかな、と思います。

もちろんバロックダンスやバロックダンス的な音楽の感じ方をを少し知ることは動画でもできると思いますし、私もそのような講座の動画配信はしていますが、踊れるようにするには対面レッスンが欠かせないわけですね。

 

 

ただ!

普段対面レッスンを受けていらっしゃる方に関してはオンラインレッスンがかなり有効ということがわかりました!

 

というのも、オンラインではどうしても広いフロアで動き回ることはできないので、その場で一つ一つのステップや体の使い方を見直すレッスンが主流になります。

 

そのオンラインならではの欠点を長所に変えて全てのステップや体の使い方、足の使い方を1から見直すという訳です。

いつもは見逃してしまうこと、先送りにしてしまう基礎的な部分をあえて取り出して練習することでベースアップを図る事ができます。

私のところには今までダンスをやった事がないという方も多くいらっしゃるので体の使い方が変わるだけで本当に踊り方が変わります。

 

例えば、普段スタジオでは足の細かい動き、指の使い方や足裏の使い方などをわかりやすく見ていただくのはなかなか難しいわけです。(床に横になって足と同じ目線で見るというのができないのでね‥。)

 

ですが、オンラインだとカメラを足と同じ高さに置き換えることで足の使い方もしっかりお見せできるようになるんです!

これは本当に画期的なことだ!!と私は思っています。

 

動けないスペースだからこそフォーカスをしっかり当てて普段の体の使い方を見直す。

 

オンラインレッスンではプリエだけしっかり練習しておいてね、なんて事もしばしばあるくらい、

細かい体の使い方を1から見直すのですが、

やっぱり体の使い方、基礎的な事を理解して体が知っている事がどれだけ作品を仕上げる時に役に立つか。

そして、皆さんしっかり練習してくださるので1回1回レベルがグンと上がっていきます。

 

その効果は本当に大きなものだと思います。

 

私も昔、先生に

「基礎が大事」

「プリエがうまくできなかったら何も踊れるはずがないよ」

と言われた事を思い出します。

 

 

 

コロナ禍ではなかなか動けず悩みも尽きませんが、

オンラインレッスンと対面レッスンの併用の有効性に気がつけたのはこういう状況下であったからだな、と思います。

 

是非オンラインレッスンと対面レッスンの併用、試してみてください!

基礎をしっかりと作り直すことで、きっと今まで踊りにくかった所がスッと踊れるようになる日が近くなると思います♪